Cha-rier

ロードバイク初心者のたわごと

ハンドル交換 ZIPP Service Course SL-70 Ergo & stem

f:id:a-nash:20160813222220j:image

ステムに続いてハンドルも海外から届きました。

f:id:a-nash:20160813222339j:image

ZIPP Service Course SL-70 Ergo 

Service CourseのSLシリーズは7050アルミで重量は260g程で、アルミハンドルの中ではハイエンドと言って良いでしょう。交換前のPRO VIBE 7Sと比べても、剛性的には遜色ないと思われます。SL-88なんかはプロも使用してるらしいですし。そしてこのハンドルの特徴としてアルミにしては振動吸収性能に優れているらしいです。エアロの効果も少しはありそうだし、いい事尽くめじゃないですか。

 

f:id:a-nash:20160813222424j:image

サイズはC-C 400mm

f:id:a-nash:20160813222517j:image

ZIPP も3T と同じく上ハンを扁平加工したモデルは" Ergo " って呼んでます。ちなみにService Course SL 70は Ergo じゃないモデルもあったりしますが、リーチ80mmのSL-80にErgoモデルはありません。なんかService Course SLってラインナップが妙に偏ってますね。

f:id:a-nash:20160813222938j:image

ちなみに下ハンは420mmのPRO VIBE 7S と同じサイズ。つまり下ハンの方が広いタイプです。

f:id:a-nash:20160813223501j:image

裏はこんな感じ。ケーブルはスッキリまとまりそう。

f:id:a-nash:20160813224106j:image

ちょいと仮付けしてみました。70mmのショートリーチで形状はアトナミック。しかも何故かリーチ80mmのSL-80よりもドロップが深いという謎な仕様なので、ステムとセットで買わないとポジション出ない可能性大でしょう。

f:id:a-nash:20160813224438j:image

同じService Course SL ステムの100mmと組み合わすとこんな感じになります。このステム、深みのあるブラックがたまらん。

f:id:a-nash:20160813225005j:image

アップで1枚。いい。

f:id:a-nash:20160813225041j:image

ブラックのチタンボルトとか、もう妥協点が見当たらない。トルクスなのが面倒だけどそんなことは些細な事。

f:id:a-nash:20160813225155j:image

トップキャップもnice

f:id:a-nash:20160813225230j:image

ブレーキケーブルは引き直しすることにしたのですが、なんも考えずケーブルを引き抜いてしまったので、ワイヤーがフレームになかなか通らなくて少し焦りました。フレームひっくり返して加工した毛抜きを使ってなんとか引っ張り出せましたが、普通はケーブル抜く前にライナーを入れて、そこに通すらしいですね。

f:id:a-nash:20160813225745j:image

無駄に苦労はしましたが、リアのアウターはこんな状態でした。交換して良かった。

f:id:a-nash:20160813225903j:image

ビニテでケーブルをケーブル固定。ガッチガチに巻いてやりました。

f:id:a-nash:20160813230441j:image

Before 

f:id:a-nash:20160813230050j:image

After

 スッキリまとまったぶん、無駄に伸びてるコラムが気になります。

 

ローラーで試運転したところ、だいぶイメージ通りのポジションになった感じ。そして下ハンが握りやすい!!見た目もPRO のハンドルとステムよりだいぶスッキリしました。今回はかなりポジション決まった感があるので、実走で問題なければ今度こそコラムカットをしに行くかなぁ。

 

※追記

f:id:a-nash:20161103183125j:image

コラムカットしました。これでやっとスッキリした。