読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cha-rier

ロードバイク初心者のたわごと

おそらく飯能最強? 有間峠に登ってきた

いきなりですが、今週は2ヶ月ぶりに土日共に晴天らしい、ということで自転車乗るには絶好のチャンスだと月曜日から楽しみにしていたんです。

 

が、

 

金曜の夕方になって土曜出勤しなくてはならない事態に陥ってしまいました。なので結局走れるのは日曜だけ。ホントは土曜日走りに行って日曜は自転車屋さんにシフトケーブルの交換とコラムカットを頼みに行こうと思っていたのに。

 

そんな仕事のストレスはRideで発散しようということで、今回は以前から登ってみたかった有間峠名栗側へ行って参りました。

 

有間峠のスペックを少し書いておきますと、距離は約10km程で起点から尾根に出るまでの7km位は平均勾配約9%で終点までだと約7%となってます。尾根道はアップダウンがあるので、その区間で平均勾配を押し下げているってパターンですね。道中の厳しさは恐らく飯能名栗方面の峠では最強クラスだと思われます。

 f:id:a-nash:20161016203146j:image

有間ダムに到着。この時はまだいい天気でした。でも予報だと午後から曇りになるんだよなぁとか思いつつ、名栗湖湖畔を奥へと進んで行きます。

f:id:a-nash:20161016203535j:image

有間峠への道は林道逆川線と言うのですが、"さかさがわ"って読むんですね。

f:id:a-nash:20161016203740j:image

ここが釣り場を少し過ぎたあたりのY字路で、右折すると林道逆川線となります。間違える人は結構いるらしいので一応書いておきました。

f:id:a-nash:20161016203944j:image

この起点の標識がY字路の中央に立ってるのが勘違いさせる原因かも。ちなみに分岐手前の釣り場には自販機もあるので、名栗湖で補給していなかったらそこで補給しておくことをオススメします。

f:id:a-nash:20161016204239j:image

てことでボトルの水を満タンにしていざスタート。道は所々荒れているものの、以前よりは綺麗になっているようです。林道なので勿論落石などはありますが、それほど不快な量ではなかったですね。

f:id:a-nash:20161016204741j:image

走行中に撮ったため見難いですが、Grade 12% です。

ホント延々とこんな感じでたまに10%以下になる所もあるという感じ。しかしキツいはキツいのですが、13%以上に上がることがないのがせめても救いで、ツラくて足付きするようなことはなかったです。

f:id:a-nash:20161016210037j:image

しばらく進むと切り通しが現れます。ここまで来れば尾根はすぐそこ。ツラいのはここらへんまでですね。

f:id:a-nash:20161016210304j:image

f:id:a-nash:20161016210316j:image

尾根道に入ると一気に視界が開けます。見晴しはここが一番良かったなぁ 。で、ここからが結構長いんです。奥武蔵GLのようなアップダウンがしばらく続きます。人によってはこの長さはウンザリするかも。まだ頂上じゃないのかよってなるかもしれません。

f:id:a-nash:20161016211244j:image

無事到着。予報通り曇ってきました。残念。

f:id:a-nash:20161016211643j:image

f:id:a-nash:20161016211818j:image

前回に秩父側から登った時はガスって何も見えませんでしたが、今回は名栗湖が見えました。あんな所から登ってきたんだなぁと感慨に耽ることができて満足です。

f:id:a-nash:20161016213154j:image

しかし標高1158mって結構ですよね。そういえば去年11月に秩父側から登った時は寒くて死にかけたっけ。

f:id:a-nash:20161016212925j:image

軽く補給して秩父側に下ります。秩父側の方が路面は綺麗なものの、こんな箇所もあったりします。やはり林道のダウンヒルは嫌です。寒いし。手が疲れるし。パンクのリスクも高いしで、下手したら登りより疲れるかもしれない。

f:id:a-nash:20161016213650j:image

しかし県道に入れば話は別。爽快なダウンヒルを堪能できます。超気持ちいい。

f:id:a-nash:20161016213828j:image

この道は景観もかなり良いですね〜。

f:id:a-nash:20161016214023j:image

このトンネルは反対側の方がインパクトありますね。写真撮ればよかった。

f:id:a-nash:20161016214200j:image

なんとなく自撮り

f:id:a-nash:20161016223032j:image

秩父さくら湖。しかし自転車は風景と一緒だとホント絵になるなぁ。

f:id:a-nash:20161016222126j:image

 その後山伏峠から山王峠経由で帰宅したのですが、山王峠で足攣って無念の足付きをしてしまいました。あそこは舐めてかかると意外にキツくて痛い目あいます。

 

ということで今回のrideは山王峠に完全に敗北というカタチで幕を閉じました。飯能最強は実は山王峠だったということですwまぁ相手は"山王"を名乗ってる訳ですし、仕方ないですね(笑)

f:id:a-nash:20161016215200p:image