読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cha-rier

ロードバイク初心者のたわごと

北関東はまだ桜の季節 BRM415 老越路 でNEWwheelを試してみた

f:id:a-nash:20170416211417j:image

f:id:a-nash:20170416223552j:image

ちょっとブルベってきました。BRM415 アタック老越路という入間から北上して北関東三県を横断し、南下して入間に戻るという400kmのコースです。

今年は桜の開花が遅かったので、四月中旬になっても北関東は桜満開。各地で桜を眺めながらの気持ち良いサイクリングになりました。

 

ということで新調したホイールを試すには、絶好の機会となりましたんで感じた事なんかを書き殴ってみたいと思います。

 

▪️ 乗り心地いいね

カーボンスポークは伊達じゃない。これは誰でも分かるレベルじゃないかなぁ。マビックのHP上ではキシリウムプロエグザリットSLはエンデュランス向けってことになってるのも頷けます。

▪️反応凄い

素人なので相対評価しかできませんが、400kmのライド中終始感じられたのが反応の良さ。なんか直接脚でホイールを回しているかのような、今までにあまり感じられなかった感覚を味合う事ができました。それでどれだけ速く走れるか、だとかを抜きにしてもですね、単純に乗ってて気持ち良かったです。

▪️ ちょっと気になった旋回性

どこかのブログで下りコーナーで、フロントがリアより少し遅れるみたいなインプレがありましたが、確かにそんな感じがしました。リアの剛性の方が高いせいなんですかね。乗り込めば慣れるとは思いますが、フロントもカーボンスポークのR-SYSだとどうなんだろうという興味が湧いてきちゃますね。

▪️ハブはカンパよりも回らない...ような気もする

漕いでるぶんには、素人の自分に分かるレベルではありません。漕いでない時はフルクラムの方が進むような気もします。ただそれって路面や風向きといった外部要因の影響の方が大きい部分だと思うので、良く分からないってのが本音ですが。

▪️ エグザリットは良く効く。しかしうるさい。

よく整備不良のママチャリのようだと評されるエグザリットのブレーキ音ですが、ホントうるさいですね(-_-)度々爆音かましてしまって恥ずかったです...ブレーキ自体はよく効くんですけどねぇ。馴染むと音は小さくなるという話なのでそれに期待するとしましょうか。フロントに比べてリアの方はだいぶマシだったのでセッティングが甘かったってのもあるとは思いますが。

▪️まとめ

さすがアルミのハイエンド。下手なカーボンクリンチャーよりも軽いリムに、アルミスポーク&リアトランコンプを組み合わせる事により、反応性と乗り心地を高い次元で両立させている。カーボンホイール程取り扱いに気を使わなくて良いので普段使いにも⤴︎そしてエグザリットによるよく雨天でもよく効くブレーキ&見た目の良さ。ブルベで使用する人が多いのも頷けますね。

MAVIC KSYRIUM PRO EXALITH SLの重量を測定してみた

f:id:a-nash:20170408195922j:image

f:id:a-nash:20170408195934j:image

ロードバイクブログらしく重量測定をしてみることにしました。コレなんとなくやってみたかったんですよね。

 

方法はと言いますと、部屋の天井に掛けてあるポールからS字フックで吊り測りをぶら下げ、測りのフックに更にS字フックを掛けて、そのフックにホイールを吊るすというやり方で測定してみました。ただ、この測りだと5g単位でしか測れないし精度的にも少々疑問はあるので、あくまで参考値程度にしかならないとは思いますが一応公表してみます。

 

前輪

ホイールのみ

610g

純正タイヤ & チューブ装着

910g

ミシェランPRO4(23C) & MAXXIS UL チューブ(67g)装着

870g

 

後輪

ホイールのみ

780g

純正タイヤ & チューブ装着

1100g

ミシェランPRO4(23C) & MAXXIS UL チューブ(67g)装着

1070g

 

前後輪合計

ホイールのみ

1390g

純正タイヤ & チューブ装着

2010g

ミシェランPRO4(23C) & MAXXIS UL チューブ装着

1940g

 

測定していても、やはりイマイチ精度には疑問を感じてはいましたが、おおよその値は

 

ホイール:1400g前後

純正タイヤチューブ込み:2000g前後

PRO4(23C),軽量チューブ込み:1950g前後

 

だいたいこれくらいで間違いないでしょう。

f:id:a-nash:20170408211722j:image

 ちなみにRacing3 & 4000S2(23C) & チューブも測りましたがそちらは

前輪:955g

後輪:1230g

前後輪:2185g

こんな結果でした。

 

尚、カタログ重量値だとRacing3は1555g(シマノハブだと1600g位?)

MAVIC KSYRIUM PRO EXALITH SLは1350g

 

ということでカタログ重量値では、205gキシリウムプロのが軽く、今回の測定結果ではタイヤ,チューブ込みだとキシリウムプロエグザリットSLが245g軽くなったという結果となりました。Racing3とKSYRIUM PRO EXALITH SLでは、使用しているタイヤとチューブに違いはありますが、Racing3はシマノハブだと40g程重いことを含めるとまぁ妥当な測定結果なのかなと思います。

 

長々と書いてまいりましたが要するに

 

Racing3からKSYRIUM PRO EXALITH SLに替えると250g位は軽くなりますよ。

 

とまぁただそんだけの話です。ちなみに今回はタイヤをプロ4の23Cに変更してるので、純正のままでしたら200g位は軽くなりますよってことになりますね。マビックの重量詐欺は有名らしいので保証は出来ませんが、ミドルクラスのホイールと比べたらやはり相当軽いですね。シャマル、レーゼロやデュラも17Cになって重くなってしまったので、アルミホイールに軽さを求めるなら今はマビックで決まりでしょう。エグザリット無しバージョンのキシリウムプロにも15Cのラインナップも残していますし。

f:id:a-nash:20170408205835j:image

最後に

 

バイクがカッコよくなる事は保証します。(自己満)

PBKで注文したホイールが無事に届いた

f:id:a-nash:20170407184706j:image

無事到着です。税金は¥5300徴収されました。PBKは悪評高いので心配してましたが、発送も速かったし到着日数も普通で、心配して損したって感じです。

f:id:a-nash:20170407184858j:image

履歴を見てみると、すこぶる順調でしたね。ちょっと拍子抜けですらありましたよ。スペインを経由されると時間かかるのは前回で経験済みですが、今回はオランダ経由だからなのか、2週間かかりませんでした。

f:id:a-nash:20170407185100j:image

箱の潰れなども無かったです。

f:id:a-nash:20170407185155j:image

パカっと開けるとこんな感じで梱包もちゃんとしてるじゃないの。

f:id:a-nash:20170407185345j:image

f:id:a-nash:20170407190151j:image

f:id:a-nash:20170407190205j:image

f:id:a-nash:20170407190220j:image

f:id:a-nash:20170407190237j:image

ということでご対面です。無駄に写真多いのは気にしないで下さい(笑)

 

こうして現物を眺めてみると、やはりエグザリットISM4Dリム&トランコンプのこの後輪は、アルミホイールの中ではルックス最強だと思います。異論は...認めませんw

実はキシリウムSLRはロードに乗り始めて以来、ずっと憧れていたホイールだったりするんですよね。初めて見た時は、よく分からないけどディープリムでもないのに凄い存在感のホイールだと思いました。特にカーボンスポークに目奪われたのを覚えています。性能だけで見れば、シャマルやレーゼロと大差はないのに、値段の方はカーボンホイール並みというふざけた価格設定ですが、それでも欲しいと思わせる何かがこのホイールにはあると思います。

ただカーボンスポークのおかげで硬いのに乗り心地は良いらしく、ロングライド向きってところは自分の使い方には合っているかなぁ(言い訳)

f:id:a-nash:20170407191525j:image

f:id:a-nash:20170407193442j:image

続いて前輪を見てみます。ハブの筒の部分はカーボン製なのですが...

f:id:a-nash:20170407193602j:image

f:id:a-nash:20170407193613j:image

バラしてみると素人目にもまぁ安っぽいこと。マビックのハブはアレなのは分かって買ってるのですが、これでカンパのハブだったらなぁと思うのは私だけでしょうか。

f:id:a-nash:20170407191838j:image

心配していた付属品も全て揃ってました。良かった良かった。

f:id:a-nash:20170407193911j:image

ちなみにRIDE SENSEセンサーとのクリアランスは超ギリギリ。これはヤバいかもしれない。撓んで擦ったりしないだろうか。

f:id:a-nash:20170407194117j:image

ということで普通にカッコよくなりました。てか、このホイールが似合わないバイクってないでしょうね。

悪評高いPBKでホイールをポチッとしてしまった

やらかしました。Fulcrum Racing 3 を購入してからまだ1年も経っていないというのに。

 

で、今回ポチッたブツはこちら。

 

f:id:a-nash:20170329212358j:image

MAVIC KSYRIUM PRO EXALITH SL

 

ラインナップが非常に分かりづらいキシリウムシリーズですが、以前のSLRにあたるモデルで、キシリウムのアルミの中ではハイエンド。リアのトランコンプ組みが特徴のアルミホイールの頂点の1つと言って良いでしょう。サバ読んでいるにしても重量は1355gだとか。乗り心地もカーボンスポークのおかげで悪くないらしく、それでいて剛性は高いというオールラウドに使えるモデルらしいです。しかし、空力的にはイマイチでハブもカンパに比べれば回らないという評価が大半を占めているようで、どちらかというと山坂含むロングライドが得意なステージといったところでしょうか。

 

購入先はタイトルの通りPBKです。ここあまり良い評判は聞かないですねぇ。以前4iiiのパワメを購入した時は発送自体は速かった(届くのは遅かった)のでまぁ大丈夫だろうとポチッたのですが、やはり少し不安になって調べてみるとまぁ出るわ出るわ悪評の数々。中でもかなり気になったのが、キシリウムやコズミックのエグザリットモデル及びR-SYSを購入した人による

 

『ブレーキシューなどの付属品が入っていない』

 

という書き込み。うーん。ブレーキシューは入ってなかったら困るなぁ。というか通販ってメーカーの箱そのままで送ってくるのでは?だとしたらメーカー側が付属品を入れ忘れていて、PBKは検品していないからそのような事が起こるのか。いったいどういう訳だろう?

 

よく分からないので、ブレーキパッドや調整レンチなどは今回購入した商品に含まれているのかを問い合わせしてみました。

 

で帰ってきた返事がこちら。

 

Thank you for getting in touch about the Mavic Ksyrium Pro Exalith SL Clincher Wheelset 2017.

This would come with the brake pads, but the multifunction adjustment wrench may not be included in the parcel.

 

ざっくり訳すと

 

"ブレーキパッドは入っているけど、調整レンチは入ってないかもね"

 

だそうです。返答は迅速だったが答えは超適当ですね。開けてからのお楽しみってわけですか。そうですか。まぁ欠品がないのを祈りつつ気長に待つしかなさそうです。

バイクパッキングなるものを試してみた

超絶体調不良の為、本日会社休んでしまったヘタレな自分ですが、暇なので布団の中での更新です。しかし1日何もしない日っても必要ですよね。

 

初っ端から話飛びましたが、最近よく耳にしますよね。バイクパッキング。なんか業界主導で流行らせようとしている感もなくはないですが、あの手のどデカいサドルバックはあると便利そうと物欲を刺激されるのもまた事実。とは言っても1泊くらいの旅行ならば、ロードバイクでもバックパック背負えば普通にこなせるわけで、別にわざわざそんなデカいバック買い足さなくても普通の人なら事足りるでしょう。そう、普通の人ならば。

 

f:id:a-nash:20170327193654j:image

BLACK BURN OUTPOST SEAT PACK

 

Wiggleでそこそこ安かったので購入。私は普通じゃないので何故かこうなってしまいます。完全に業界に踊らされちゃってますね。

 

f:id:a-nash:20170327195213j:image

装着するとこんな感じ。詳しいレビューはググればいくらでも出てくると思うのでここでは割愛しますが、嫁とロードバイクで出掛けた時なんかは、自分と相方の荷物全てここに収まりますし、途中立ち寄った店で買ったものも詰められるのはとても便利。ロングツーリングでなくても使い途はあると思います。あとジテツーしてる人も便利なんじゃないかなぁ。

 

f:id:a-nash:20170327194220j:image

そしてこんなブツまで追加購入しちゃってます。レベレイトデザインのフィードバックです。レベレイトデザインは大型サドルバックの元祖とも言えるメーカーで、アラスカで生産されているそうです。Maid in USA ってだけで私的には満足感高いです。いわゆるガレージメーカーらしく、生産量が少ないぶん値段は高いのですが、機能性と堅牢性に関してはまず間違いないと思われます。アラスカのスノーレースで鍛え上げられてるらしいですし。

フィードバックは最近モデルチェンジしたらしく、更にお値段パワーアップしてますが、容量と使い勝手もアップしてる模様。興味ある方はググってみて下さい。

 

f:id:a-nash:20170327201337j:image

装着するとこんな感じ。

私が乗っているPROPELはトップチューブの上からワイヤーが入るので、いわゆるトップチューブバックが装着出来ないのです。で、手の届く位置にバックを付けよう思ったらこの手のハンドルに付けるバックか、フレームバックしかなかったりします。

防水性に難はありますが、取り出し易さで言えばフレームバックよりもフィードバックの方が上でしょう。これならモバイルバッテリーを入れておけばガーミンの充電もできるし、補給食も入れておけるし、デジカメも入ります。そして入れ場所に困っていたアイコスも外側のポケットに綺麗に収まります。雨降ったらどうするんだって話ですが、その時はフィードバックを取っ払ってサドルバックに入れておけば良いでしょう。

意外と便利だったのが、コンビニ休憩で脱いだグローブを入れておけること。グローブ脱いで、ジャージのポケットに入れておいたら、ちゃんと入ってなくて落としたなんてことありません?私はよくあります。ドローコード引っ張って口を開けて手持ちの小物をすぐに突っ込めるってのは予想以上に便利ですね。これはツーリングの必須アイテムになりそうです。

 

 f:id:a-nash:20170327203817j:image

f:id:a-nash:20170327203554j:image

こちらは、最近奥秩父まで行ってきた時の写真ですが、まぁルックスも悪くないとは思います。ロードバイクらしさは失われず、旅仕様といった感じでいいんじゃないでしょうか。違うメーカーで揃えた割には一体感もありますし。

 

しかしコレらのアイテムはホントはブルベ用に買ったんです。しかし、エントリーしても仕事が入ってDNS続きの為出番無しだったのであります。次のBRM415埼玉400アタック老越路にもエントリーは済ませたので、出走できれば真価を発揮してくれることでしょう。

飯能の仁田山峠を登り竹寺へ

適当ながらもダラダラと続けてきた当ブログですが、今年更新は..... してなかった。。。

 

相変わらず定期的に物欲は炸裂させているのでネタはないこともないのですが、なんとなく面倒くさくって今年は1本も記事を書いていないという体たらく。

 

うーん。もう辞めちまうかw

 

と、思いつつも今日は仁田山峠登って竹寺へ行ってきたので、なんとなく、衝動的かつ適当に記事を書いてみます。

 

f:id:a-nash:20170305182943p:image

コースはこんな感じ。

成木街道から小沢峠経由で仁田山峠を登って降って分岐を竹寺方面へ。竹寺で折り返して飯能方面で帰宅という距離60km獲得高度900m程のコースです。

 

f:id:a-nash:20170305180456j:image

 で、いきなりですが、仁田山峠1回目のpeak。ここからしか写真がなかったもので(適当)

仁田山峠って最初が1番斜度がキツくて、あとはよくある林道という感じ。奥武蔵の林道はこんなパターンが多いです。

f:id:a-nash:20170305184200j:image

そして2回目のpeak。頂上付近でアップダウンがあるのも飯能の林道では割とよくあるパターンです。ここで1本満足バーを食べながら、しばらく景色を眺めてました。こういう時間が、ウィークデイに仕事ですり減った精神を癒してくれるんですよね。

f:id:a-nash:20170305184850j:image

仁田山峠峠を降ったところにある分岐を左に行って激坂を越えれば、竹寺の入り口へと辿り着けます。

f:id:a-nash:20170305185032j:image

ここはなんか輪っかが多いです。ちなみに竹寺の正式名称は 医王山薬寿院 八王寺 というそうです。神仏習合の寺院として知られています。神仏分離明治維新後の政府の政策として行われてたようですが、時の政府もこんな山奥の小規模な寺院にまでは手は回らなかったということでしょうか。

f:id:a-nash:20170305185907j:image

入り口にバイクラックがあってラッキーと思ったら、CAFE-KIKIさんの寄贈品でした。竹寺だけに竹のバイクラックとはニクいことします。1度嫁と行ったことはあるのですが、こういう活動をされているのを見ると今度また行こうという気になりますね。

f:id:a-nash:20170305190518j:image

f:id:a-nash:20170305190527j:image

f:id:a-nash:20170305190540j:image

言葉にしても上手く表現できないので、いくつか境内の写真を羅列してみましたが、なんかこのお寺さんは雰囲気がいいです。もっとジメッとした感じを想像していたのですが、開けていて明るい雰囲気で観光地チックでもなく、散策しているだけで気持ちが良くなります。来て良かった。

f:id:a-nash:20170305191019j:image

本尊として祀られている、牛頭明王様の銅像。強そう。

f:id:a-nash:20170305191201j:image

f:id:a-nash:20170305191220j:image

f:id:a-nash:20170305191242j:image

f:id:a-nash:20170305191251j:image

f:id:a-nash:20170305191259j:image

f:id:a-nash:20170305191317j:image

さっきと同じこと書きますが、やっぱり雰囲気いいですここ。色々なところが手入れされているのがみて取れて好感が持てます。

f:id:a-nash:20170305191601j:image

ご本尊様に到着。願掛けのお札に願い事を書いて、お賽銭を投げて参拝してきました。

 

適当に紹介してまいりましたが、竹寺は飯能駅からならそれほど距離もないですし、手前の激坂は近くの子の権現と合わせれば、坂バカさんにもオススメできるので遠方からでも来る価値があると思います。

ついにパワメ導入 4iiii PRECION

f:id:a-nash:20161228220515j:image

はい。どーん。キタコレ。注文から25日程かかりましたがついに届きましたよ。

f:id:a-nash:20161228220725j:image

格安パワーメーターとして有名と言えば有名な 4iiii PRECION POWER METER です。PBKで¥43000になってたのでポチっちゃいました。知らん人に言ったらバカじゃないの?って言われそうなお値段ですが、分かる人は安いと言って貰えるでしょう。とにかくまぁ相変わらず定期的に物欲炸裂させております。勿論お前にこんなもんいるのか?と自問自答はしましたが、『zwiftしたいし』とか『心拍だけだとどれだけ負荷かかってるか正確に分からないし』だとか、分かったような言い訳でもって自分を納得させて、購入に至った訳であります。

f:id:a-nash:20161228221629j:image

開封して眺めてみます。接着剤の跡とかプラスチッキーな素材とか、チープ感は否めませんが、デザインは悪くないと思います。何よりも小さくて軽いのが良いですね。

f:id:a-nash:20161228221948j:image

替えの電池がしれっと付属されてました。気付かず捨てるとこだったw

 

ではではインストールといきましょうか。

f:id:a-nash:20161228222048j:image

ペダルを外して

f:id:a-nash:20161228222140j:image

左クランクを外して

f:id:a-nash:20161228222307j:image

左クランクごと取り換えるだけ。

f:id:a-nash:20161228222245j:image

そんでガーミンとペアリングしてスマホに入れた4iiiiアプリでキャリブレーションするだけで使用可能となりました。超簡単です。

f:id:a-nash:20161228222644j:image

因みにアプリに繋いだら自動的にアップデート画面になったのですが、なぜかエラーを吐くばかりでアップデートできませんでした。使用自体は問題なさそうなのでとりあえずは放置しておくこととします。

 

早速PCにインストールしておいたズイフトで試運転してみましたが、動作は問題なさそうで一安心。てか、ズイフト楽しいですね。なんか知らんイギリス人に貼り付かれて、試走のつもりが30分程一緒に走ってしまいました。アップデートできないのは気になりますが、とりあえず不良品ではなさそうです。よかったよかった。ガイツーで初期不良とか超絶めんどくさいですもんね。

 

という訳で、買ったからにはただのオモチャにならないように来年はしっかりトレーニングに励まないとなぁ。とりあえずFTPの向上とやらに取り組めばいいんだろうか。